リウマチという病気

痛みや腫れが見られる

身体が痛くなったり、その部分が大きく腫れたりします。
そのような症状が少しでも見られたら、リウマチかもしれないと思ってすぐ病院へ行ってください。
最初は痛みが軽かったり、少し時間が経過すれば痛みがなくなったります。
すると、まだ病院へ行くレベルではないと思ってしまう人がたくさん見られます。
しかし油断している間に、リウマチはどんどん進行していきます。

症状が悪化すれば、常に大きな痛みを感じることになります。
足が痛むと、移動することができないぐらいのレベルになるかもしれません。
病院へ行くことが困難になるので、そうなる前に医師に診てもらってください。
痛みのレベルが軽い段階では、薬だけで完治させることも可能です。

リウマチの症状

身体がだるいと感じたり、熱っぽく感じたりすることがあると思います。
その時は風邪だと思って、市販の風邪薬を飲んで対応する人が多いでしょう。
確かに風邪を引いたときもそのような症状が見られますが、実はリウマチになった際も同じような症状が見られます。
もしリウマチだった場合は、当然ですが風邪薬を飲んでも治すことはできません。
リウマチに合った治療をしなければいけないので、すぐ病院へ行ってください。

痛みを感じている場合は、風邪ではなくリウマチである可能性が高いです。
診察を受ける時は、自分に起こっている症状を的確に伝えてください。
熱が出ていることや、身体がだるいことだけを伝えると医師はリウマチだと気づかないかもしれません。


この記事をシェアする